妊娠中に風邪をひいて薬をもらった体験談

私はもう出産を目前にした妊娠39週の時、風邪をひいてしまいました。

喉が痛くて咳と痰が出て微熱があるといった、ごく普通の喉の風邪でした。

でも妊婦は勝手に風邪薬を飲んではいけないし、そこまで酷くないのでとりあえず寝て治そうと思い2日間布団の中で大人しくしていました。

しかし、どんどん悪化してきたのでダメ元でかかりつけの産婦人科に相談しました。

するとすぐに診察してくれて、「妊婦に痛み止めは出せないけど、点鼻薬と抗生物質なら出せる」とあっさり薬を処方してくれました。

薬を飲んで2日経ち少し風邪がましになったころ、何と陣痛がきてしまいました。

まだ身体がだるく咳き込みながらの出産でしたが「薬を飲んでいなかったらもっと苦しい出産になっていたのかな。薬をもらって良かった」と思いました。

病院

妊娠中の風邪は薬が飲めないイメージがありますが、飲める薬もあるので、まずは我慢せずにかかりつけの病院に相談するのが大切です。

妊娠中はつわりや貧血などただでさえ体調がすぐれないことが多いし、私のように風邪のまま出産となると大変なので、風邪をひいてしまった時は妊婦でも飲める薬を使って症状を抑えた方が身体への負担が少なくて済みます。

また、風邪だと思い込んでいたらインフルエンザだったという話も聞いたことがあるので、ぜひ我慢や自己判断をせずに病院に電話をしてみてください。