妊娠後期の風邪について

妊娠後期の風邪と言うのは非常に辛いものだと思います。

妊娠初期と違い、妊娠後期と言うのは、やはり赤ちゃんが生まれそうになっている時期でもありますので、あまり大変な風邪をひいてしまうとそのまま入院となってしまうケースもあります。

妊娠後期はさらに薬なども飲めませんので自力で治すしかありませんので、そういった意味でも辛いと思います。

そこで、風邪を引いたときのアドバイスですが、薬などは飲めないとされていますが、葛根湯なら大丈夫だといわれています。

赤ちゃんの指

葛根湯の場合は授乳期でも飲んでも良い薬の一つとしてアドバイスされていましたので、こういった漢方薬系の風邪薬で乗り切ることをおすすめしたいと思います。

風邪の初期ならば、こうした葛根湯などの薬でだいぶ良くなる場合も多いと思いますので、おすすめです。

さらに、十分に暖かくして、常にマスクを着用し、うがいをするなどをして症状が悪くならないように処置をすることも大切です。

うがいやマスク着用などでウイルスなどは大分減少するといわれています。

さらに、部屋の中を加湿して、常に湿度を50ぐらいに保っておくことも大切です。

ウイルスが生き延びにくいような状態に保つことをおすすめしたいと思います。

妊娠初期に風邪をひいても薬は飲める

妊娠初期はホルモンの変化の影響で体調の変化も現れやすい時です。いくら気を使っていても風邪をひいて体調を崩してしまうことはあると思います。

妊娠初期は赤ちゃんの体の神経など大事な部分が作られる時だから、風邪をひいても薬は飲めない、病院に行かずにじっと家でひたすら我慢する。という人もいると思います。

薬は必要がなければ飲まないに越したことはないですが、風邪をひいて、体がしんどい時は長引かせて悪化させないためにも病院に行きましょう。

赤ちゃんの遊具

何科に行けばよいか迷う方もいらっしゃると思いますが、お母さんの体と赤ちゃんのことを良く知ってもらっている、自分がかかっている産婦人科に行きましょう。健康な妊婦さんたちも妊婦検診に来ていらっしゃいますから、自分の風邪をうつしてしまわないように、事前に電話で風邪で受診する旨を伝えてから行くようにしましょう。病院によっては、別室の待合を用意してくれたり、時間をずらして受診する指示を出すところもあると思います。

また、受診時にはマナーとしてマスクを忘れずにつけていきましょう。産婦人科では、妊娠中にも安心して使用できる薬を処方してもらえます。病院や先生によっては漢方薬を出してくれるところもあります。

病院や先生によっては、産婦人科に風邪の旨を電話相談した時点で、専門科で診てもらった方がいいとの判断で内科に行くように指示が出るかもしれません。その時は、必ず診てもらう医師に妊娠していることを伝えましょう。

妊娠までに脱毛サロンへ行っておいてよかったです

私はこれまでに2箇所の脱毛サロンへ通いました。まず最初のサロンでは脇の脱毛のためにニードル脱毛をしました。

これは毛抜きで抜くよりも痛かったのですが効果は早く感じられ、初めのうちは2週間に1度通わないといけなくて煩わしかったのですが、2年ぐらいでほとんどなくなり自己処理の手間が省けてとてもよかったです。

また、毛穴に直接的働きかけてくれるので10年近く経った現在でも生えてくることはなく、毛穴も全く目立ちません。

ただ、金額がなかなか高価だったので、他の部位はフラッシュ脱毛で他の脱毛サロンへ通いました。

脱毛は素晴らしいサービスだと思いますけど、脱毛にはまってリボ払い 楽天にだけは手を出すべきではありませんけどね。

フラッシュ脱毛は光を当てる前後の冷却がとても冷たくて辛いですが、肌が乾燥していなければ痛みはほとんどなく、施術時間もスピーディーでした。

ニードル脱毛よりは効果を感じられるのに時間がかかりましたがニードル脱毛での脇だけの金額とフラッシュ脱毛での全身脱毛の金額が同じぐらいだったのでとても満足です。

フラッシュ脱毛で4年ぐらい通ってたまに細い毛が生えてくる程度になったのでほとんどサロンへ通わなくなりました。

その頃に妊娠をして、周りも出産ラッシュになり色々と話をしていると、お腹の周りの毛がすごく濃くなって検診が恥ずかしかったとみんなが言っていました。

しかもお腹が大きくなるとうまく体が動かせず自己処理ができないし、産後は赤ちゃんのお世話でなかなか自分のムダ毛に向き合う時間がないという事でした。

その話を聞いて、わたしは毛に関して産前産後に全く悩む事なく過ごせるのでこれまで脱毛にかけてきた時間とお金は無駄ではなかったと確信しました。

ホルモンバランスの影響で精神的に疲れてくる時期に毛の事で悩まなくて本当によかったです。