妊娠後期の風邪について

妊娠後期の風邪と言うのは非常に辛いものだと思います。

妊娠初期と違い、妊娠後期と言うのは、やはり赤ちゃんが生まれそうになっている時期でもありますので、あまり大変な風邪をひいてしまうとそのまま入院となってしまうケースもあります。

妊娠後期はさらに薬なども飲めませんので自力で治すしかありませんので、そういった意味でも辛いと思います。

そこで、風邪を引いたときのアドバイスですが、薬などは飲めないとされていますが、葛根湯なら大丈夫だといわれています。

赤ちゃんの指

葛根湯の場合は授乳期でも飲んでも良い薬の一つとしてアドバイスされていましたので、こういった漢方薬系の風邪薬で乗り切ることをおすすめしたいと思います。

風邪の初期ならば、こうした葛根湯などの薬でだいぶ良くなる場合も多いと思いますので、おすすめです。

さらに、十分に暖かくして、常にマスクを着用し、うがいをするなどをして症状が悪くならないように処置をすることも大切です。

うがいやマスク着用などでウイルスなどは大分減少するといわれています。

さらに、部屋の中を加湿して、常に湿度を50ぐらいに保っておくことも大切です。

ウイルスが生き延びにくいような状態に保つことをおすすめしたいと思います。

妊娠初期に風邪をひいても薬は飲める

妊娠初期はホルモンの変化の影響で体調の変化も現れやすい時です。いくら気を使っていても風邪をひいて体調を崩してしまうことはあると思います。

妊娠初期は赤ちゃんの体の神経など大事な部分が作られる時だから、風邪をひいても薬は飲めない、病院に行かずにじっと家でひたすら我慢する。という人もいると思います。

薬は必要がなければ飲まないに越したことはないですが、風邪をひいて、体がしんどい時は長引かせて悪化させないためにも病院に行きましょう。

赤ちゃんの遊具

何科に行けばよいか迷う方もいらっしゃると思いますが、お母さんの体と赤ちゃんのことを良く知ってもらっている、自分がかかっている産婦人科に行きましょう。健康な妊婦さんたちも妊婦検診に来ていらっしゃいますから、自分の風邪をうつしてしまわないように、事前に電話で風邪で受診する旨を伝えてから行くようにしましょう。病院によっては、別室の待合を用意してくれたり、時間をずらして受診する指示を出すところもあると思います。

また、受診時にはマナーとしてマスクを忘れずにつけていきましょう。産婦人科では、妊娠中にも安心して使用できる薬を処方してもらえます。病院や先生によっては漢方薬を出してくれるところもあります。

病院や先生によっては、産婦人科に風邪の旨を電話相談した時点で、専門科で診てもらった方がいいとの判断で内科に行くように指示が出るかもしれません。その時は、必ず診てもらう医師に妊娠していることを伝えましょう。

妊娠中の風邪にはにんにくしょうが味噌茶がいい!

妊娠中は体調が不安定になりやすいものです。

お腹の子供を健やかに大きく育てるため、血液の巡りが悪くなります。

身体を動かしにくくなり、抵抗力も落ちてしまいます。

第二子以降を妊娠している方は特に、子供から風邪をもらうことが多くなってしまうのです。子供の風邪はかなり強力なウイルスのことが多いですから、大人が罹ると重くなってしまいがち。

かといって妊娠中は薬を飲むことは出来ません。

そこでおすすめしたいのが、「にんにくしょうが味噌茶」です。簡単に作れてさっと飲めますし、身体がほかほかになって風邪の治りが早くなりますよ。

にんにくとしょうがのチューブと味噌さえあれば他に材料は要りません。

それぞれのチューブからおよそ1cm程度搾り出してマグカップにいれます。

味噌は小さじ1杯程度がおすすめですが、妊婦さんは塩分に敏感になっている方が多いので臨機応変に対応してください。

味噌

全部の材料を入れたら、熱湯を注ぎます。

ぬるま湯よりも沸かしたお湯のほうが風味がよくなります。

熱い飲み物が苦手の人は冷ましてから飲んでくださいね。

しょうがに入っているショウガオールという成分が身体を温め、にんにくに入っているアリシンが殺菌をしてくれます。喉の痛みや鼻水が楽になりますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

妊娠初期や後期の妊婦さんが風邪ひきの時に注意すること

妊娠中には免疫力が低下するので、あまり風邪をひかない元気な人でも風邪をひいたりします。妊婦さんの風邪は重症化すると母体にも赤ちゃんにも大きな影響があるので、早く医師の診察をうけることが大事です、

妊娠初期には特に注意が必要です。過去に、市販のアスピリン含有の風邪薬を飲み、奇形児が生まれたケースがあり、話題になりました。現在では低アスピリンの風邪薬がたくさん出ていますが、特に妊娠初期には、診察を受けて、医師から出される薬を飲む方が安心です。また予定日12週以内の服用にも注意が必要です。

風邪の症状の中で、熱は医師から処方された薬で治まり易いと思いますが、咳は治りにくい場合もあります。咳が続くとお腹にかなりの圧力がかかるので、妊娠初期には流産につながる場合もあるし、妊娠後期で、出産予定日から2~3か月前の時期には、症状が重いと腹圧で子宮が収縮して早産になる心配もあります。

赤ちゃんの左足

咳の時には、両方の手で、お腹の上の方と下の方を支え守るようにして、毎回、咳で起こる衝撃をなるべく減らすようにすると良いです。また胎児が大きくなっている時期なら、咳と共に尿漏れも起こりやすくなりますので、パッドなどで対応すると良いです。

風邪だと思っていたら、風疹や他の病気だったという場合もあるので、風邪にかかったかなと感じたら、早く医師の診察を受けるのが最良です。

風邪ひきは妊娠中にやってはいけないことかもしれませんが、どうしてもひいてしまうこともあるかもしれません。そんな時はとにかく最良の行動を積極的にしなければいけません。